なぜ若者はマルチ商法にハマるのか!?ネットワークビジネスの光と影 - ネットワークビジネス成功法〜友達を1人も誘わずにダウンを増やす方法

なぜ若者はマルチ商法にハマるのか!?ネットワークビジネスの光と影

一体いつまでMLM貧乏を続けますか?


Pieve-Ligure-church.jpg


マルチ商法ネットワークビジネスMLM)にハマる若者が激増している!?一体なぜ!?


こんなウェブサイトや雑誌の記事を良く見かけるようになりました。


70年代に日本にネットワークビジネス(MLM、マルチ商法)が上陸したときは、20代、30代の若者が主役でした。


その頃の若者は現在は若者ではありません。


現在はネットワークビジネスをしている人の60〜70%が40代以上の女性と言われています。


それが、また若者主体になりつつあるというのです。


一体なぜなんでしょう?


理由はいくつか考えられます。


・若者の収入が少なく、将来が不安


・仕事を続けられたとしても、年金がもらえるか分からないので、定年後が不安


・絆を大事にし、SNSや携帯電話にはお金をかける世代なので、ネットワークビジネスというチームビジネスに魅力を感じる


・仕事がきつすぎて(ブラック企業)やめたいが、収入がなくなると生活が困る


良くあるのが、仕事をやめたいけど、やめてどうしよう?
と考え、自己啓発セミナーなどに行き、そこで出会った人に勧誘される、というものです。


本当に良く聞くので、典型的な例かもしれません。


その他、


SNSで知らない人から勧誘を受ける、


飲み会やパーティーで出会った人から勧誘を受ける


という例も多いようです。


私も上記全てのパターンで勧誘されたことがありますw


さて、若者が再び増えているネットワークビジネスですが、その多くは希望を持ってビジネスをはじめたものの挫折して辞めています。


原因はネットワークビジネスの勧誘方法にあります。


口コミです。


なぜ口コミが原因か?というと、口コミは非常に成約率が悪いからです。


成約率が悪いのは、ネットワークビジネスに興味がない人にも声をかけざるを得ないからです。


ネットワークビジネスに対するイメージが悪い日本では、なおさら茨の道です。


そして、成約率が悪いということは断られ続けるということです。


飛び込み営業の営業マンならともかく、普通の人はめげてしまいます。


また、大抵は友人・同僚・家族をターゲットにするので、口コミで勧誘できる人数には限りがあります。


せいぜい100人〜200人でしょう。


その100人〜200人を勧誘して、数人のダウンが出来たとしても、その先が大変です。


ダウンさんもあなたと同じことが出来なければならないし、あなたは勧誘する相手がいないからです。


町に繰り出して見知らぬ人に声をかけられる勇気ある人は少ないです。


・・・


もし、ネットワークビジネスに興味がある人だけを勧誘できる方法があるとしたら、あなたはどうしますか?


しかも口コミせずにです。


口コミを続ける限りアナタは成功できない!

ネットで稼ごうと思っても毎月安定収入にはならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんなあなたの悩みを解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。