サラリーマン 副業 ばれない - ネットワークビジネス成功法〜友達を1人も誘わずにダウンを増やす方法

サラリーマンの副業がばれない方法

日2時間取り組んでください!必ずあなたは成功します!


a1180_008291.jpg

 
たいていの会社では就業規則に副業禁止とうたっています。
給料が少ないから副業を始めたいと思っても、この就業規則が引っかかりますね。
実はサラリーマンの副業は、会社にばれないようにすることができるのです。
会社にばれるタイミングとしては、毎年5月頃にあなたの住んでいる市区町村から
会社宛に住民税の通知が来る時です。
 
この通知にはあなたの住民税が記載されていますが、住民税は前年の所得によって
決定するので、この金額が会社の給料から計算される住民税額よりも大きいと
他にも収入があることがわかってしまうのです。
 
これを避ける方法として、住民税の普通徴収という方法があります。
 
通常会社は給料から住民税を天引きして市区町村に収めるのですが、
このことを特別徴収と言います。
一方普通徴収とは、自分で住民税を納めることを言います。
 
給与の他に副業で収入を得た場合、確定申告が必要になりますが、
確定申告書には「特別徴収」か「普通徴収」を選ぶ欄があります。
 
こちらで「普通徴収」を選択すれば、副業分の住民税は会社ではなく
あなたに請求が来て、自分でコンビニ等で納める形となりますので
会社にばれることはありません。
 
サラリーマン本業の傍らに取り組みやすい副業として代表的なものに
ネットワークビジネスがあります。
 
ネットワークビジネスは最初は数百円、数千円、という収入ですが、
続けていくうちに5万、20万、100万・・・
と給料を超えるような収入になっていきます。
 
こんな時に住民税を特別徴収にしていたら、お給料のほとんどが
住民税として天引きされてしまうかもしれません。
 
そんな状態になれば、会社の担当者に気づかれる可能性が高くなります。
しっかりと「普通徴収」を選んで、安心して副業に取り組みましょう!
 
日2時間取り組んでください!必ずあなたは成功します!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。