サラリーマン 副業 アルバイト - ネットワークビジネス成功法〜友達を1人も誘わずにダウンを増やす方法

ネットワークビジネスがサラリーマンの副業としてアルバイトより優れている4つの理由

日2時間取り組んでください!必ずあなたは成功します!
 


a0800_001297.jpg

サラリーマンOLの方が副業をしたい時、
まず真っ先にアルバイトを考えるでしょう。

アルバイトはちょっと時間的に難しいかな・・・」という方は
ネットワークビジネスも選択肢の一つに入れてみではいかがでしょうか。



アルバイトネットワークビジネスの違いって何でしょうか?



1.収入面


 アルバイト
 ⇒労働時間×時給=収入


 ネットワークビジネス
 ⇒自分の組織の流通量に基づき会社ごとのルールで計算した収入
  最初はとても少ない。だんだん大きくなる。



2.労働時間

 アルバイト
 ⇒あらかじめ決められたシフトに基づく労働時間。
  自分の自由になるとは限らない。
  ネットワークビジネス

 ⇒ネットワークビジネス
  自分で自由に決められる。
  本業が忙しい時は抑え、本業が暇なときはたくさんやることも可能。
  もちろん活動量が多い方が早く収入になる。



3.勤務場所


 アルバイト
 ⇒指定された店舗等


 ネットワークビジネス
 ⇒インターネットでできるので、自宅でもカフェでも可能。



4.続けることで・・・


 アルバイト
 ⇒時給が少し上がるかも知れない。(下がる可能性もあり)


 ネットワークビジネス
 ⇒何もしなくても収入が入るようになる。
  本業以上の収入になることも。



このような違いがあります。
副業の目的により違いますので、どちらが良いということは一概には言えません。



短期でまとまったお金が必要であれば、断然アルバイトが良いでしょう。
確実に収入になりまし、収入額も大体予想できます。



将来的に会社を辞め、自分の好きなことだけをやって生きていきたい。
その時に生活費に困らないように、副業をやりたい。
そういう場合であれば、ネットワークビジネスは最も適していると言えます。



アルバイトは労働所得、ネットワークビジネスは不労所得を目指しています。
あなたはどちらが欲しいですか?


日2時間取り組んでください!必ずあなたは成功します!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。