ネットワークビジネス成功法〜友達を1人も誘わずにダウンを増やす方法

なぜ若者はマルチ商法にハマるのか!?ネットワークビジネスの光と影

一体いつまでMLM貧乏を続けますか?


Pieve-Ligure-church.jpg


マルチ商法ネットワークビジネスMLM)にハマる若者が激増している!?一体なぜ!?


こんなウェブサイトや雑誌の記事を良く見かけるようになりました。


70年代に日本にネットワークビジネス(MLM、マルチ商法)が上陸したときは、20代、30代の若者が主役でした。


その頃の若者は現在は若者ではありません。


現在はネットワークビジネスをしている人の60〜70%が40代以上の女性と言われています。


それが、また若者主体になりつつあるというのです。


一体なぜなんでしょう?


理由はいくつか考えられます。


・若者の収入が少なく、将来が不安


・仕事を続けられたとしても、年金がもらえるか分からないので、定年後が不安


・絆を大事にし、SNSや携帯電話にはお金をかける世代なので、ネットワークビジネスというチームビジネスに魅力を感じる


・仕事がきつすぎて(ブラック企業)やめたいが、収入がなくなると生活が困る


良くあるのが、仕事をやめたいけど、やめてどうしよう?
と考え、自己啓発セミナーなどに行き、そこで出会った人に勧誘される、というものです。


本当に良く聞くので、典型的な例かもしれません。


その他、


SNSで知らない人から勧誘を受ける、


飲み会やパーティーで出会った人から勧誘を受ける


という例も多いようです。


私も上記全てのパターンで勧誘されたことがありますw


さて、若者が再び増えているネットワークビジネスですが、その多くは希望を持ってビジネスをはじめたものの挫折して辞めています。


原因はネットワークビジネスの勧誘方法にあります。


口コミです。


なぜ口コミが原因か?というと、口コミは非常に成約率が悪いからです。


成約率が悪いのは、ネットワークビジネスに興味がない人にも声をかけざるを得ないからです。


ネットワークビジネスに対するイメージが悪い日本では、なおさら茨の道です。


そして、成約率が悪いということは断られ続けるということです。


飛び込み営業の営業マンならともかく、普通の人はめげてしまいます。


また、大抵は友人・同僚・家族をターゲットにするので、口コミで勧誘できる人数には限りがあります。


せいぜい100人〜200人でしょう。


その100人〜200人を勧誘して、数人のダウンが出来たとしても、その先が大変です。


ダウンさんもあなたと同じことが出来なければならないし、あなたは勧誘する相手がいないからです。


町に繰り出して見知らぬ人に声をかけられる勇気ある人は少ないです。


・・・


もし、ネットワークビジネスに興味がある人だけを勧誘できる方法があるとしたら、あなたはどうしますか?


しかも口コミせずにです。


口コミを続ける限りアナタは成功できない!

理科学研究所の小保方晴子さんのように夢を叶える方法って?

そうだ!金持ち父さんになって、夢を叶えよう!

27-1291705575.jpg


理科学研究所小保方晴子さんがSTAP(新型万能細胞)を作ったということで話題になっていますが、彼女が夢を叶えられたのは、笑われても、馬鹿にされても負けずに貫いた精神の強さがあったからでしょう。


若干30歳の彼女がやってのけたのですから、自分にできないはずがない!そう思った方も多いでしょうね。


理科学研究所 小保方晴子さんの今後ますますの活躍に期待ですね。


ってか、ノーベル賞とるんじゃないかって本気で思ってますよ〜


世間の多くの人は自分の夢を諦めて、やりたくない仕事にしがみついて、なんとか日々生きているのが現状です。要するに、小保方晴子さんとは真逆の人生です。


こういう生き方をしていると、魂が抜かれた人形のようになります。


決まった時間に起きて、

会社に行って、

お昼は一斉にオフィスから飛び出して満席のレストランで急いで食事、

戻ったらまた仕事、

仕事が終わったら同僚と居酒屋で仕事の愚痴を言い合って少しスッキリ、

家に帰ってお風呂に入って寝る・・・



こんな生き方に嫌気がさして、

「このままじゃいけない!」

と思う人も多いです。


そのような人が手を出すのが、株、FX、ネットワークビジネスなどです。

特に最近はネットワークビジネスの勧誘が非常に増えていますから、そちらに流れる人が多いですね。



ネットワークビジネスは成功すれば働かなくても収入が入ってきます。


しかし、ほとんどのビジネス・会社では成功者よりも圧倒的に失敗者が多いです。


それは口コミによる勧誘が上手く行かないことが最大の原因です。


考えてみてください。


「いいビジネスがあるんだけど、今度セミナーに出てみない?」


「今後伸びる産業の説明会があるんだけど、今度一緒に行かない?」



こんな誘い文句で誘われて、行きますか?


怪しすぎるでしょ!普通の人なら行かないです。


こんな風に口コミで勧誘してうまくいくはずがありません。


100人に1人来てくれれば良い方でしょうね。


ネットワークビジネス自体は素晴らしいビジネスです。金持ち父さんも推奨していましたね。


しかし、やり方を間違っていたら、成功できるはずがありません。


ネットワークビジネスで成功したいなら口コミをやめることです。


逆説的ですが、これは紛れもない事実です。


口コミを辞めて、ある方法に変えた途端、これまで一人もダウンができなかった人が、月に5人のダウンを獲得することにも成功しています。


それも一人、二人ではありません。


その方法を、現在、私のメルマガでお伝えしています。


口コミは絶対ダメ!成功者が教えたくない驚異の集客方法!

コンビニ経営>ネットワークビジネス>アフィリエイト!?

【悲惨】MLMで全てを失った男の結末・・・


a0002_011036.jpg



サラリーマンを辞めて、起業する人が最近増えてますよね。


起業って言ってもいろいろありますが、一昔前だとコンビニ経営が流行っていましたね。


それから、アフィリエイトやFX、ネットワークビジネス等でしょうか?


もちろん今でも新しいコンビニができていますが、以前ほどは新店舗はできてません。


コンビニも増えすぎて、近所に何店舗もあったりしますから、自然と淘汰されていくのでしょうね。


コンビニ以外にも起業の方法はたくさんあります。


ラーメン屋などの飲食店経営、以前の仕事を自営業で行う、全く新しいビジネスを立ち上げる・・・


最近はアフィリエイトやネットワークビジネスをやっている人が本当に増えました。


自己啓発セミナーやPCスキルセミナー等で出会う人も、多くがどちらかに関わっています。


このこと自体は悪いことではないと思います。


これからの時代、会社にしがみつくだけでは安心できません。


自分で稼ぐ力、スキルが必要になってきますからね。


しかし、アフィリエイトでは95%の人は月に5,000円も稼げていません。


ネットワークビジネスに至っては、80%の人が一人のダウンも紹介できずに辞めています。


ハッキリ言って、そんなんじゃ全然ビジネスとして成り立ってないです。


時間の無駄です。


そもそもなぜアフィリエイトやネットワークビジネスは上手く行かない人が多いのでしょうか?


まず、アフィリエイトは非常に多くのスキルを必要とします。


それを自分ひとりで学んで実践するのは、とっても大変なことです。


そして、孤独です・・・。


ブログやサイトを10000以上作っても、全然稼げない人がゴロゴロしているのがアフィリエイトです。


ネットワークビジネスはというと、やはり、やり方に問題がありますね。


口コミで友達や家族を勧誘する、というやり方はもう時代遅れです。


ハッキリ言って、勧誘されたら迷惑です。ウザイです。


でも、勧誘してる本人はセミナーで洗脳されているので、そこのところに気づいていない!


とってもかわいそうなことです。


逆説的ですが、成功するには口コミしてはダメです。


ネットワークビジネスに興味のある人の方から来てもらえばいいじゃないですか?


【最終通達】成功したけりゃ口コミ辞めろ!!

ネットワークビジネスのイベントで破産!元失敗者が語るMLMの闇とは?

どこまでMLMで不幸になるつもりですか?

 

Trani-panorama.jpg

 

収入が欲しくて参加したネットワークビジネス(MLM)なのに、イベントの参加費用でお金ばかりが出て行く!

 

本業もあるのに毎週イベントなんて出ていられない!

 

そんな時間があるなら、他の活動をしてビジネスの結果を出したい!

 

 

こういった悩みが、ネットワークビジネス(MLM)で上手く行っていない人から良く聞かれます。

 

イベントとは会社によって違いますが、セミナーであったり、コンベンション、ミーティング、勉強会などと呼ばれる事もあります。

 

内容は成功者の体験談、表彰式などがほとんどで、出席しないからビジネスに影響するようなものではありません。

 

 

 

開催頻度は毎週の場合もあれば、月に1回大規模なイベントが行われる事もありますし、それらを組み合わせている場合もあります。

 

週末や祝日に行われる事が多いですが、土日が仕事の人でも仕事を休んで出席するように言われることもあるようです。

 

 

本業があるからこそ副業に取り組めているのに、その本業を休んで副業のイベント参加するというのは、なかなか酷なものがありますね。

 

イベントに参加できずに、アップに文句を言われ、嫌になって辞めてしまう会員もいるようです。

 

 

そんなにイベントが重要なのかというと、イベントが重要なのはネットワークビジネス(MLM)の仕組みに問題があるのであって、しっかりした成功ノウハウを持つネットワークビジネス(MLM)であれば、実はイベント自体は必要ないのです。

 

 

ネットワークビジネス(MLM)の問題点とは口コミです。

 

口コミは向いている人にはやりやすいのでしょうが、人と話すのが苦手な人や、友達を勧誘するのに抵抗がある人にはとても難しいものです。

 

勇気を出して勧誘しても、日本ではネットワークビジネス(MLM)のイメージは最悪ですから、ほとんどの場合上手く行きません。

 

 

上手く行かないとやる気がなくなり、ネットワークビジネス(MLM)を辞めてしまいます。

 

それを防ぐために定期的なイベントで成功者の話を聞かせ、良い車に乗り良い家に住んでいる事を見せびらかせ、やる気を出させるのです。

 

 

根本的な原因は口コミですから、口コミをやめ、インターネットで勧誘してみるとどうなるでしょうか?

 

インターネットにはいくらでも人がいますから、人のリストアップは必要ありません。

 

また、ネットワークビジネス(MLM)に興味のある人が集まります。興味の無い人は最初から近寄ってきません。

 

 

口コミせずにMLMに興味がある人だけを集める方法

ネットワークビジネス会社は消えては生まれるからこそ成功できる


一体いつまで【不幸】になる為のMLMを続けますか?



coffee.jpg


ネットワークビジネス(MLM)今からやっても成功できない!

だってみんなやってるじゃないか!

このように考えながらこのページをお読みになっているかもしれません。




日本のネットワークビジネス(MLM)人口は800万人とも言われています。

また、ネットワークビジネスの会社は5,000社もあり、年間50社誕生しています。




しかし、5,000社のうち10年後も残っている会社はわずか0.1%、たったの5社。

新しく誕生したものの、ほとんどの会社が消えて行っているのです。

そして、その度に会社を渡り歩いている人も多いのです。




800万人というネットワークビジネス人口の中にも、複数の会社を経験している人が相当数いるはずです。

つまり、ネットワークビジネスでは常に人が会社を行き来していることになります。




消えてしまう会社、会社を渡り歩くネットワーカーが多いのは口コミが原因です。

ほとんどのネットワークビジネスでは口コミによる勧誘をしています。

嫌々友達や家族を誘い、断られ、関係が気まずくなる、というのはよくある話です。

だったら、最初からネットワークビジネスに興味のある人に口コミした方が効率良いですよね?




実はあるノウハウを使えば、興味のある人だけを誘うことができるのです。

その方法とは・・・?

こちらで勉強してみてください。


【悲惨】口コミを続けた男の末路・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。